銀歯は口臭の原因なのか?口臭と銀歯の関係と解決方法

口臭は生きている限り無くならないと言われていて、時間帯、内臓の状態、口内環境によって左右されます。

ブレスマイルウォッシュ

口内環境は虫歯の治療によって変化していき、銀歯による詰め物などでも環境が変わっていきます。

銀歯は臭いや汚れがつきやすく、銀歯周辺の環境も口臭の原因になります。銀歯と歯茎との間に溜まる食べかす、銀歯の劣化、歯の上に取り付けた銀歯との間の虫歯などが原因で臭いが発生します。ブリッジなどで銀歯を歯と歯の間に橋のように設置すると、銀歯と歯茎の間に小さな隙間ができてどうしても食べかすが溜まりやすくなり、除去しにくい状況になります。食べかすが溜まると口の中が清潔に保たれず、歯にはプラーク(細菌の塊)が付着します。プラークも食べかす同様、臭いの原因を作ります。食べかすを除去しにくい環境は清潔が保たれませんので、プラークが付着しやすい環境になり悪循環です。

また、銀歯は目に見えない細かな傷や錆などで劣化し、細菌が付着しやい状況が作られます。歯の治療には、ブリッジの他に歯の上に銀歯を被せるケースもあります。治療してもしばらく経つと歯と銀歯の間で虫歯になり、臭いの原因となることがあります。銀歯による臭いを抑えるには定期検診や歯磨き、銀歯をセラミックに替えたりするなどの対策があります。定期検診では、自分では取りにくい歯石や歯と歯の間の細かい汚れを落としてもらうことができます。また、ブラッシングを見直すことも大切です。

特に、利き手によってブラッシングが得意な箇所や苦手な箇所、汚れが溜まりやすい箇所など一人ひとり偏りが出ます。しかし、定期検診で指導を受けていれば、歯茎の腫れや出血しやすい箇所などを知ることができ、どこのブラッシングが足りないのか、またどこのブラッシングが行き届いているのかがわかり、日々のブラッシングに役立ちます。

それでも磨ききれない細かな汚れは歯間ブラシを使うことで落ちることもあります。さらに、口臭対策には詰め物の素材を銀歯からセラミックに替えることも有効です。セラミックは保険治療の銀歯とは違い、自費で治療します。精密に作るので歯にしっかりフィットして、虫歯治療跡の歯が再び虫歯になるのを防ぎます。セラミックは歯と同等の耐久性があるので、傷つきにくく錆びにくい素材です。いずれにしても、口臭対策は汚れが蓄積する前に口内を清潔に保つことが重要です。