シミと毛穴の開きに後悔しています……

私は若い頃、サーフィンが趣味でした。
毎週末海に出ては、明るい太陽の下で、友人たちと楽しく湘南の海を泳いでいました。

あの当時は、小麦色の女性の肌がモテていた頃です。
私も友人たちと競い合うように肌を日焼けさせていました。

モイスポイント

毎週末海で日焼けする上に、冬はわざわざ日焼けサロンにまで通っていました。
少し脱色した髪に映えるようにと、出力まで高めにして……

あの頃はそれが可愛い基準だったんです。
しかし時代は流れ、美白がモテるようになりました。
私はサーフィンをやめ、他の女性と同様に白い肌を目指しました。

しかし、若い頃に酷使してろくにケアしなかった肌には、歳とともに自分でも驚くほどのシミや毛穴の開きが出てくるようになったのです。
8歳年上の姉と並んでも、私のほうが老けて見えてしまうくらい、肌のダメージは深刻です。
様々な美容液を使い、さらに医療美容でシミを消す施術を受け、多少は改善しました。
それでも姉と同い年に見えるかな、といった程度です。

あの頃何故、肌をあんなに痛めつけてしまったのか……
いえ、サーフィンや日焼けしたことを後悔してはいません。
それよりも、あのときしっかりケアしていたらと思うのです。
若い頃は何をしなくても肌が綺麗だったから、ケアの重要性なんて考えもしなかった……
時間を戻せるならば、あの頃に戻りたいです。