沖縄県に移住してからの肌トラブル

私は10代の頃に沖縄県に移住しました。

nicoせっけんが最安値で購入できる通販は?効果と私の本音口コミを暴露します!

「南国の太陽の島」というイメージが多い沖縄ですが、紫外線の量もやはり他県に比べると多いのも事実です。

移住した当初は度々海へ行ったりアウトドアを楽しんだり、屋外で活動することが多かったのに紫外線対策を怠っていました。

その結果、まだ10代の肌だというのに沖縄県に移住した一年後にはシミが出てきて、心なしか毛穴も大きく開いてしまっていました。

もちろん肌はこんがりと日焼けし、腕や首など、日に焼けた部分にだんだんしわも出てきました。

移住して一年後に久しぶりに地元に帰ると、友人たちと撮影した集合写真の中の自分だけがなんだか老けたように感じてしまいました。

それからというもの紫外線対策を心掛けていますが、それでも紫外線による肌トラブルは避けて通れないと痛感しています。

逆に、10代の頃から紫外線対策をストイックに続けてきたという沖縄県出身の友人は30代になった今でも色白でシミやシワも同世代の女性に比べると少なく、若々しく見えます。

30代になった現在の私は、地元にいる友人に比べるとシミやシワも多いように感じています。

紫外線対策がいかに大切か、紫外線量の多い土地に住んでいるととても痛感します。