40代必見「薄毛・白髪・うねり毛」の原因と対策

年齢を重ねるにつれて、髪の悩みは増えますね。中でも、大人髪の悩みとして多いと言われているのが「薄毛」「白髪」「うねり毛」でしょう。

40歳を過ぎる頃には、肌の衰えも進行しやすくなりますが、その分、髪の老化も気になるところでしょう。薄毛や白髪、そしてうねり毛は、若い頃には感じることがなかった悩みでもあります。
このような髪の悩み「薄毛」「白髪」「うねり毛」には原因と改善策があります。

薄毛・白髪・うねり毛などはエイジング対策する前に頭皮状態を把握することが大切です。それは、髪を育てる土台が健康な頭皮でない限り美しい髪を育むことはできないのです。

評判通り?ボタニカルエアカラーフォームの本音の口コミを徹底レポートします!

1.薄毛の原因と対策
薄毛の原因は、主にホルモンバランスの乱れになります。

40歳前後から女性ホルモンの分泌量は低下します。女性は、男性ホルモンの割合が高くなることで、抜け毛が起こりやすくなります。
髪が生えてから抜け落ちるまでのサイクルがありますが、通常、女性では4?6年になります。男性ホルモンが優位になることで、成長期が短くなり、早く抜けてしまうなど、細い毛になります。そうすると、髪が新しく生えてくることができなくなり、薄毛が進んでしまいます。

薄毛対策1
バランスのとれた食事

髪のためにこれだけ摂取すれば良いという食材はなく、あくまでもバランスの取れた食事が大切です。毛髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできており、アミノ酸からできています。髪も食事からの栄養素で作られているため、不足すると毛髪は成長できません。
また、睡眠も大切です。それはホルモン分泌のバランスが崩れやすく、ストレスで頭皮が硬くなり、ヘアサイクルが乱れやすくなります。

薄毛対策2
頭皮ケアを習慣にする
 
頭皮用のローションや育毛剤を取り入れることも重要です。頭皮に潤いを与え、頭皮環境を整えることで、抜け毛予防や発毛促進になるため、頭皮マッサージをして血流をよくなります。
加齢やストレスにより、前頭筋や側頭筋、後頭筋が萎縮しやすくなり、帽状腱膜が引き伸ばされ頭皮は硬くなってしまい、髪の毛の元となる毛母細胞に栄養が行き渡らなくなるため、髪の発育が妨げられます。薄毛予防のために、頭皮マッサージを習慣にするといいでしょう。