成長ホルモンと睡眠の繋がり!質の高い睡眠は美容に必須。

睡眠中は、美髪や美肌を左右する成長ホルモンが多く分泌されるのはご存知でしょう。
成長ホルモンは細胞の修復や再生という働きがあるため、美髪や美肌には睡眠は欠かせないからです。
世界の国々と比較しても日本人の睡眠時間は非常に短い。
忙しい現代人の睡眠時間は50年前と比べて1時間減少しています。25年で30分減少しています。年々短くなっているのがわかります。
快適な睡眠を得る為にはどうすべきなのか?

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

睡眠時間
身体のリズムと睡眠
私達は体内時計によって生じる生体リズムがあります。生体リズムは眠気を感じたり覚醒していたりするのです。
眠っている間も、深い眠り(レム睡眠)と浅い眠り(ノンレム睡眠)がありますね。平均すると90分ぐらいの周期で繰り返されているのです。
眠りの波は2つです。
眠気のピークは夜に大きくなります。それ以外にもう一つは昼食後にあたる13時~15時に現れるので自然と眠くなるのはこのためです。
これは食事のせいではないのです。眠気と体温のリズムに関係しているのです。
これらの周期があることを知っていると、お昼寝をしたり、就寝、起床時間を考慮することで、上手に眠気をコントロール出来るのです。

睡眠環境を整える
寝室の温度や湿度とは?
寝室の温度は低すぎず、高すぎないのが適温になります。
また湿度は一年を通して50~60%が快適。

光の刺激
寝る前に家庭より明るく設定されたコンビニやオフィスなどの照明を長時間浴びることや、スマホやパソコンから発するブルーライトも睡眠に浴びることが影響します。
安眠が出来る理想な明るさは10ルクスになります。
外の明かりが気になる時は遮光カーテンなどで光を遮断する必要があります。
光は気づかなくてもストレスを感じます。

音の刺激
40デシベルを超える音があると睡眠に悪影響が出るのです。
入眠には好きな音楽とはいえ、川のせせらぎや木の葉が揺らぐ音などがオススメです。入眠前は心を落ち着かせてくれる音が深い睡眠に導いてくれるため理想でしょう。

ぐっすり眠るために
■寝る前の飲酒、カフェイン、喫煙は避けることをオススメします。

■40度のぬるめのお風呂に入り、半身浴をする。
お風呂上がり30分~1時間身体が温かいため、その後一気に身体の芯が冷えることで眠気を呼びます。
そのため、お風呂上がり30分ほどでお布団に入ると眠りやすくなります。

■寝室の環境を整えることで、リラックスモードになります。

スッキリ目覚めるために
■一日の始まりに朝日を浴び体内時計をリセットします。

■目覚めには3~5分熱いシャワーを浴びると体内時計がリセットになりやすいです。

■朝食で体内リズムを整え、心と身体を目覚めさせます。
睡眠は一日のエネルギーにも繋がります。このようなコツを頭に入れ毎日快適に過ごすことで、睡眠の質が高まります。

成長ホルモンと睡眠
疲労を回復させ、健康な体は肌、そして髪を質良く維持するためにも、質の高い睡眠をとることはとても重要になります。
そこには、「成長ホルモン」があります。
成長ホルモンは、私たちが寝ている間に分泌されるアミノ酸で構成されています。
役割
・脳疲労の回復
・脂肪の燃焼
・病気への抵抗力を上げる
・肌や筋肉
・骨などの体組織の修復・再生

成長ホルモンはどうやって増やすの?
実は、成長ホルモンは私たちが眠りについてからが勝負になります。入眠から3時間に最も多く分泌されます。

最初の90分間に迎える、徐波睡眠と言われるノンレム睡眠の中でも、最も深い睡眠状態があるのですが、その睡眠時に特に多く分泌されるのです。
ですから、就寝して眠り始めの3時間に、いかに熟睡出来るかが大きなポイントです。

おすすめの方法
アロマなどを嗅ぐ事でリラックスすると、心身が休み良い眠りにつきます。
自分の好きな香りは、脳をリラックスさせます。自然な睡眠へと導いてくれるのです。
入浴後にゆっくりストレッチをして関節を伸ばすことで、リラックスしますので、自然に眠さがくるでしょう。
良い睡眠をとることで、健康な細胞に生まれ変わりシミ・シワ・たるみの改善になり、肌艶も出るようになります。