ブドウには色々な効果効能があります

あなたは、ブドウをどのようにして飲食を楽しんでいますでしょうか。

そもそもブドウは飲んでも食べても色々な効果効能があります。アスハダの口コミ評価

ブドウの皮には、ブドウ特有のポリフェノールが含まれており、成分になっているレスベラトロールは肌を若く保ち、アンチエイジング効果があります。

また、このポリフェノールは抗酸化作用があり、健康を保ち、老化防止にも効果が期待できます。

ブドウジュースとワインの共通点として、紫色をしていますがこれはブドウを皮ごと絞っていることから、皮のポリフェノールを無駄なく摂取することができます。

皮を使えば赤いワインになりますが、皮を使わない白ワインもあります。

ただ、ブドウジュースには糖分、ワインにはアルコールが多いので、飲みすぎにはくれぐれも注意してください。

一方、食べるものとして干しブドウ(レーズン)があります。

干しブドウにもポリフェノールが含まれており、ジュースやワインと同じように効率よく摂取することができます。

ブドウの生産量が日本一である山梨県では、ブドウを房から食べるだけでなく、ジュースを固めたワイン羊羹もあり、このワイン羊羹はアルコールが飛ばされているので、アルコールが苦手な方や子供達にも安心して食べることができます。

干しブドウは、皮ごと干してあるので、皮にあるポリフェノールが多く含まれており、日本だけでなくアメリカのカリフォルニア州でも作られています。

ブドウを飲食しながら健康に生活する方法があります。

飲む方では、朝食時に、ブドウジュースを200ml飲むことです。

これは、ポリフェノールを効果的に摂取するよい方法で、同じくポリフェノールが含まれているチョコレート(カカオ成分が多いもの)より苦みが少ないのが特長です。

一方、食べるほうではちょっとした間食で干しブドウを食べると効率的にポリフェノールを摂取することができます。

私は、これまで仕事中はアイスコーヒーを飲む機会がありましたが、コーヒーでは飲みすぎると胃腸を痛めることから、ジュースに変えたら身体の調子が上がり、色々と発想力がつきました。

また、おつまみでよく見かけるレーズンバターもポリフェノールと乳脂肪が同時に摂取することができます。

この20年で、健康でいてくださいと叫ばれていますが、ブドウでポリフェノールを効果的に摂取して、常に健康でいたいものです。